不労所得

固定費の削減は不労所得と同じ価値があります


ゼロです。

 

ゼロも当初は貯金がほとんどありませんでしたので、投資を考える前に、まずは支出について見直しを行い月々の固定費を減らしていきました。

支出を見直す上で重要なのは年間ベースで考えることです。月々では少ない金額に見えても年間で考えると大きな金額になります。

月々4000円の新聞代は年間約5万円、月1万円の生命保険代は年間12万円、白熱電球をLED電球に交換すれば年間数万円の電気代削減効果を生みます。これだけで年間約20万円になります。

 

年間20万円の不労所得と年間20万円の固定費の削減は同じだけの価値があります。

 

ただ、ここで注意してほしいのは削減するのはあくまで固定的な経費です。変動費である飲食費や交際費を減らすことはあまり意味がありません。

これらを削ることで一時はお金を節約できたように見えても、長い目で見ると往々にして反動が生じたり、いざ投資をする時に節約意識で投資に踏み切れないというデメリットを生むことになります。

削減するのは、あくまで固定費であるということを意識してくださればと思います。

 

ゼロのように、投資のための自己資金がない内は、まずは月々の固定の経費を削り、資金ゼロで得られる不労所得に注力し、まずは投資できるだけの自己資金を貯めることが重要です。

 

ゼロが勧めるブログ+Googleアドセンスのような資金ゼロで始められる不労所得はかなり限定的であり、その他多くの不労所得を得るための投資は多額の自己資金が必要です。

当初は失敗するケースも多いですので安易に融資に頼ればと考えるのもリスクが高いです。

まずは、100万円、500万円、2000万円と徐々に資金を貯めていくことで、より魅力的な投資先に投資できるチャンスが生まれてきます。

一見すると遠回りに見えるかもしれませんが、まずは固定費の削減と資金ゼロで始められる不労所得により自己資金の拡充を図ってくださればと思います。


ゲームとアドセンス収入は似ているかも

(写真はイメージです)

ある意味一定の作業をし続けるという意味でゲームとアドセンス収入には少し似ている部分があるかもしれないと思っている。

ゲームは架空の世界でのポイントやLVを増やすのに対し、アドセンス収入は現実世界での現金や信用を増やすという点で世界は違えど、していることは結構近いかもしれない。

 

ゼロ自身、気晴らしのゲームは時々するし、昔はリネージュやmixiのブラウザ三国志(5期か6期ぐらい)というネットゲームにはまってある程度大きなギルドを率いていたこともある。

 

ネットゲームにはまっていた時に思ったことがある。

同じネットの世界でも、ゲームの中だけではどうやっても普段の生活費をまかなうことはできないけど、その半分の労力でもいいので、アドセンス収入を得る方向に使えば、少しづつかもしれないけど生活が改善するかもしれない

 

よく引きこもりとかニートとか言われる方々がいますが、別に彼ら彼女らは特段変わった方々ではありません。

ネットゲームにどっぷりはまっていた当時、仕事の転職でうまく行かず転職活動を長く続けている過程でネットゲームにハマったという方、体の調子が悪く長いこと病気で学校を休んでいるうちに不登校になってしまった方、家庭でのぐちを吐き出すためにネットゲームにはまっている主婦、と様々な方とネット上で出会いました。

 

ニート状態であるがために収入がないために、ご飯を買うか課金をするかで悩んでいる方さえもいました。

 

そんな方々であっても、ゲームに使う時間の半分でもいいのでアドセンス収入を得るために振り向ければ少しは肩身の狭い状況から脱せられるかもしれない。

 

ただ、ゲームとアドセンス収入には大きな違いがある。

ゲームは序盤がイージーモードで途中からハードモードになるのが一般的であるのに対し、アドセンス収入は序盤がハードモード、中盤以降は徐々にイージーモードに変わるという初心者に全く優しくない仕組みです。

このことを知らないために、楽に稼げると思ったのに話が違うじゃないかと思い、序盤もしくは始める前に心が折れる人が大半で、中盤以降に進める方しかその後のイージーモードを知らないのです。

 

ぜひ多くの方々に序盤のハードモードをなんとか乗り越えてほしいなと思っています。


4つの不労所得の特徴について3つの視点からの比較

freeimages.co.uk food images

(Source: www.freeimages.co.uk)

不労所得にはいくつか種類があり、それぞれ異なる特徴があります。

ここでは、代表的な4つの不労所得(利子所得、太陽光売電収入、不動産所得、ブログの広告収入)についてそれぞれどのような特徴があるか比べてみることにします。

 

(ポイント1)安定的な収入になるか?

(安定) 利子 > 太陽光 > 不動産 > 広告 (不安定)

安定的な収入の筆頭は貯金や債券の利子所得であり、それに対して広告収入は安定とはほど遠く日々の収入にそれなりに変動があります。

 

(ポイント2)例えば年間100万円稼ぐために多額の初期投資(借入含む)が必要か?

(多額) 利子 >>> 不動産 > 太陽光 >>> 広告 (少額)

その反面、広告収入に必要な初期投資は1万円もかかりませんので、初期投資はほとんど不要です。それに対してその他の不労所得は多くの初期投資が必要になります。

特に利子所得は最近は利率が低いため多額の初期投資が必要になります。

 

(ポイント3)稼げるまでにある程度の手間がかかるか?

(手間がかかる) 広告 >> 不動産 > 太陽光 >> 利子 (かからない)

やり方次第ではありますが、広告収入を得るためにはある程度のブログの記事を書かなければなりませんし、サイトのデザイン等色々と考える必要があります。

 

このように書くと広告収入は手間ばかりかかって不労所得じゃないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ゼロが所有するブログのうちの一つは最後に更新してから1年近く経過していますが、その後も継続的な収入を生んでおりその収入はむしろ微増しています。

 

◆不労所得を得るためには事前準備は不可欠

いずれの不労所得であっても、立ち上げ期には、事前の勉強や調査、選定のためにある程度の手間と時間がかかるのは当然かと思います。

大学に入るために受験勉強が必要なように、これから不労所得を得るためには事前の勉強や調査は必要不可欠です。このような必要な労力を避けようとすれば簡単に詐欺等に引っかかることになります。

まずは、それぞれの不労所得の特徴を理解した上で、自分がどのステージにいてどの不労所得を育てていくのかをまずは考えることが重要なように思います。


貴方の不労所得ポートフォリオにリスクフリーの不労所得はありますか?

Bright orange fiery flames

(Source: www.freeimages.co.uk)

貴方の不労所得ポートフォリにはリスクフリーの不労所得もありますか?

 

不動産による不労所得は、レバレッジを掛けれる分多額の不労所得を得られる可能性がありますが、値下げリスク、空室リスク、賃借人トラブル、家屋の老朽化によるリスク等あげれば切りがない程のリスクがあります。

 

また、最近流行の太陽光による不労所得では、多額の売電収入を安定的に得られる反面、天候リスク、災害リスク、製品リスク、盗難リスク等様々なリスクがあります。

 

ゼロは、Googleアドセンスによる不労所得の他に太陽光発電所の売電収入という不労所得も得ていますので、Googleアドセンス以外の不労所得を否定するつもりは全くありません。

ゼロの不労所得のポートフォリオ上に不動産やさらなる太陽光発電所の売電収入をさらに加えることも考えています。

 

しかし、金融所得ポートフォリオでリスクフリーの国債や貯金を組み合わせるように、不労所得のポートフォリオにGoogleアドセンスというリスクフリーの不労所得も加えるべきではないかと思います。
独自ドメインブログ、Wordpress,Googleアドセンスの組み合わせで得られる不労所得は当初の収入金額こそ少ないですが、資金もいらずリスクもほとんどありません。

 

金融資産も不動産も太陽光発電所も多くの不労所得には当初多額の投下資本が必要です。

資金の目処がたてば、資金にものをいわせた不労所得をもつことができますが、資金が得られるまでは資金が必要ではない不労所得に頼る必要があります。

その一つがGoogleアドセンスによる不労所得だと思います。

 

ぜひ貴方の不労所得ポートフォリオのリスクを減らし所得を増やすためにも、Googleアドセンスによる不労所得を検討されてはいかがでしょうか。