未分類

稼げるブログ記事を書くためにしない方がいい3つのこと

battenmark
ゼロです。

 

多くの人は継続してブログ記事を書くことに四苦八苦していますが、これには理由があります。

 

なぜなら多くの方はブログの記事を書く上でしない方がいいことをしているからです。

ブログの記事を書くためにしない方がいい、オススメしないこと3つを書きたいと思います。

 

その1 作業系のゲーム

完全な息抜きになるのであれば構わないと思いますが、最近のウェブブラウザ系やスマホ系のゲームはいずれも時間で体力なり行動力が回復するため、せっかく時間がある時にブログの記事を書く代わりにゲーム内の育成なり戦争なりをしたくなってしまいます。

ゼロ自身そのようなゲームをしている時はブログの更新頻度が減ることを実体験として感じているので、このような時間で行動力回復系の作業ゲームをするのはオススメででません。

逆に作業系ではなく、一時やればスッキリするようなゲームでしたら息抜きにもいいかもしれません。

また、ゲーム系のwikiサイト等やゲームの実況動画系のサイト運営には有用ですので、そのようなサイト運営者には当てはまりません。

 

その2 新聞を読む

日本では多くの人が新聞を読んでいますし、どの新聞も記者クラブを通じて情報を得ている関係で記事の内容に差別化がほとんど図れていません。

このため、毎日せっせと新聞を読んで新聞の記事を参考にブログの記事を書いても、その内容は他の多くの人が既に知っているものであり差別化を図ることは困難です。

また、BLOGOS等に掲載されるようなより有名な方が書く時事系記事の方が検索エンジンでは上位に表示されますので、残念ながらせっかく書いた時事系記事の多くはその中に埋没してしまいがちです。

このため、日刊紙を読むことはブログ記事を書いて不労所得を得る上ではほとんど貢献しません。

もし読むとしたらケンプラネッツの有料記事や会計専門誌、業界紙といった多くの人が読まないor有料会員でないので読めない専門誌に限定するのが良いかと思います。

 

その3 テレビを見る

テレビはとても多くの方が観ています。また、テレビのチャンネル数は特に地上派とBSはとても少ないので、多くの方が観ているもの、入手している情報と被ってしまいます。このため、テレビを観て何かブログに記事を書いたとしても新聞の場合と同様に埋もれてしまうことになります。

また、テレビの番組を参考に記事を書いたとしても、そのような記事は時事系に該当してしまうため半年もすれば誰もその内容を知りたいと思わなくなってしまい検索されなくなる陳腐化の早いものが多いです。

もしテレビを見るとしたら、(地上派放送前等の)お金を払った方のみが観れる映画のレビュー(DVD等で観たいという層がいるもの)であったり、普通の日本人には観られない海外番組関係等、普通の人が観れないor観ていないものを観るのが良いかと思います。

 

ブログ記事を書くためにはとにかく差別化が一番です。そのためにはごく普通の方々が読んだり観たりしていることをあえてしないことが重要です。

普通の人が簡単に知ることができるような情報からは離れ、自分自身が興味があって自主的に調べたりまとめたことこそが、多くの人に取って目新しい有用な記事になるかと思います。